入所について

長期入所と短期入所

長期入所

当施設では、一般棟と認知症専門病棟があり、病院と在宅の中間施設として、利用者さまの自立と在宅復帰を念頭に医師の指導のもと、食事・入浴・排泄等の生活援助、健康管理・必要な医療の提供、リハビリテーション、レクリェーション等のサービスを提供しています。

個々の状態に応じ、介護・リハビリ計画等を作成し、心身の活性化を図り、有意義な療養生活となりますようお手伝いします。

また、在宅生活に向け、ご家族への介護指導や、自宅に訪問しての住環境アドバイス等も行っています。

状況に合わせ、施設・サービス等の紹介も致しておりますのでお気軽にご相談下さい。

このような方におすすめ!
  • 退院予定があるけど、このまま家に帰るのが不安
  • 農繁期、家で介護するのが大変
  • 退院後、もう少しリハビリがしたい
  • どう介護したらいいかわからない


短期入所

当施設では、在宅介護で介護されている家族が病気になったとき、介護負担の軽減冠婚葬祭、旅行、急な都合により入所を希望するとき等、利用ができます。

内容は長期入所と同様ですが、あくまでも短期間の利用となります。

このような方におすすめ!
  • 介護者が外出等の予定がある
  • 集中的にリハビリしたい
  • 家族も気分転換したい
  • 生活のリズムを整えたい

入所リハビリテーション

私たちの役割

利用者様の能力・可能性を引き出すことを心がけ利用者様中心の生活を考えます。

専門的なリハビリを行い他職種と連携しながら利用者様が「したい生活・なりたい自分」を再獲得するための支援をさせていただきます。

理学療法

心と身体の両側面からリハビリテーションを考え、起き上がり、立ち上がり、歩く、車いすへの移乗動作などの基本動作の獲得や維持に力を入れて取り組んでいます。

また体操などで関節の動きをスムーズにしたり、筋力の回復を図ります。

作業療法

指を動かす、着替え、入浴、お料理など生活を送る上で必要な動作の確認、練習と精神・認知面の機能回復をサポートします。また道具を使うことも検討したりもします。

仕事、趣味、遊びなど利用者さんの「やってみたい!」という気持ちに沿って「楽しく元気な日常生活を送ってもらうため」の支援を行います。