訪問看護ステーション りらく

ご利用案内

平成28年6月1日作成

事業の目的

健康保険法による指定訪問看護及び老人保健法による指定訪問看護、介護保険法による指定訪問看護事業者として老人及び難病患者等の生活の質の確保に資する見地から、利用者の家庭における療養生活及び、その心身の機能の維持回復を支援します。

ご利用対象者

  • かかりつけ医が訪問看護を必要と認めた方
  • 介護保険法で要支援と認定された方・要介護1~5のいずれかと認定された方
  • 病気や障害を持ちご家庭で療養しながら生活されている方
  • 厚生省によって特定された、各種難病でお困りの方
  • 寝たきり、また寝たきりになる心配のある方
  • 医療処置が必要な方

訪問看護内容

主治医の意見に基づき看護師等が訪問し在宅において介護・リハビリテーションなどのサービスを行います。

健康状態の観察と看護

看護師が各家庭を訪問し血圧、体温、脈拍測定や問診により健康状態を観察、判断した上で看護助言を行い、異常の早期発見、対処に努め病状の悪化を防ぎます。

主治医と連絡を行いながら、生活ができるようにお手伝いさせていただきます。

日常生活の看護

  • 清拭、洗髪、更衣、排泄援助
  • 食事介助、体位交換
  • 入浴介助
  • 内服薬の管理
  • 介護についての相談、アドバイスなどを行います。

訪問リハビリテーション

当ステーションには専従の理学療法士がいます。自宅に訪問し機能の維持、歩行訓練、筋力増強訓練、日常生活訓練などを行います。

家事動作訓練、趣味活動、住宅改修や装具作成などのアドバイスを行うなど住み慣れた家でより良い生活が送れるようにお手伝いします。

医師の指示に基づく医療処置

  • 点滴の管理や採血
  • 在宅酸素の取り扱い
  • 床ずれの処置や予防
  • 胃ろうの管理や指導
  • 留置カテーテルや各種カテーテル管理
  • 気管切開部からのたん吸引等管理
  • 人工肛門などの管理など医師との連携を図り指示のもと行います。

ご案内

営業時間 8:30~17:00
営業日 月曜日~金曜日
休日 土曜・日曜・国民の祝日

・12月30日~1月3日

お申し込み方法

医療、介護保険適応の訪問看護には、かかりつけ医師の指示書が必要です。主治医・ケアマネージャーにご相談下さい。または直接当ステーションにご相談下さい。

職員配置

管理者 1名(看護師と兼務)
看護師等 看護師5名

(常勤5名)

理学療法士

作業療法士

言語聴覚士

5名(非常勤)

基本理念

利用者様・ご家族との信頼と尊厳を大切に

利用者様及びご家族様と信頼関係を築けるようコミュニケーションを図り、利用者様の思いと尊厳を大切にします。

利用者様が満足されるサービスを提供できるよう、いつも優しく、生活の質の確保に資する見地から在宅で療養されている利用者様へ最良の訪問看護サービスを提供します。

安心できるサービスの追及

24時間連絡対応体制でいつも利用者様の安心をサポートします。

心身の機能の保持、増進、快復をはかり、疾病や障害による影響を最小限にとどめ、安らかな終末を過ごすことができるように家庭における療養生活を支援します。

地域に根差した訪問看護ステーション

地域社会との交流を大切にし、地域に根差した訪問看護ステーションを目指します。

運営方針

信頼関係を築き、安心できる看護を提供できるよう努めます

「その人らしさを尊重した看護」を念頭に置き、利用者様、ご家族様の心身の苦痛・苦悩の軽減、生活の質の向上のために行動し、利用者様およびご家族が必要とし安心できる看護を適切に提供します。

また、ご依頼に対して、病状の変化に対して、緊急時に対して、24時間迅速に対応できる体制を作ります。

訪問看護スタッフの質の向上

より質の高い看護を提供できる技能を身につけるために、常にスキルアップを目指し学び続けます。

また、より良い看護を提供する為にも、働くスタッフが「安心」してイキイキと業務に取り組めるような業務体制を整えていきます。

かかりつけの医師やケアマネージャー、関係機関との連携を大切に、地域に根差し開かれた事業所を目指します。

利用者様に安心した看護を提供できるよう、職員間の情報共有はもちろん、医療施設や居宅介護支援事業所などとの連携を大切にし、地域貢献に努めていきます。

地域との結びつきを重視し、他の保健・医療または福祉サービスと共存共栄して事業が展開できるように努めます。